アトリエリリコ |

   モルフェウスの腕の中で
 
           in the arms of Morpheus       

 
    
 

    1日(24時間)と言うのは太陽のリズム。
   地球が自転し1周したときの単位なんですね。

   その定義が確立されたのは古代バビロニア
太陽が地平線に現れてから全体が見えるまでの時間
         (約2分)×720回=1日 
    と気づいたことによるものだそうです。

     しかし、私達の睡眠と覚醒、体温リズム
  (20時間〜28時間周期で変動する生態リズム)など
  サーカディアンリズム(=体内時計)は約 25時間 と
 太陽のリズムより月の1日のリズム24.8時間 の方に
        近いことがわかっています。

    =ラテン語=
     サーカ(circa) = ほぼ、だいたい
     ディ(di)   = 1日       の合成語

 体内時計を司る場所は視交差上核にあり、目から入った光刺激をもとに 
  私達は毎朝、太陽の光を見ることでこのズレを調整しているわけですが、
  午前中に見た光の刺激は体内時計を進めるのに対し(つまり正常に戻し)
  午後に見た光の刺激は体内時計を遅らせるという作用があることから、
  寝だめをすると返ってリズムが狂ってしまう要因となります。
    


   眠りと「サイコ・サイバネティックス」